得する職業

投資と言えば、株式やファンド・FXなど様々ありますが、不動産投資というものもあります。
不動産は他の金融商品と少し違う性質があります。
他の金融商品は、主にキャピタルゲインといって売買しながら売却益を得ていくものが多いです。
しかし不動産投資はインカムゲインといって物件を貸して、賃貸収入を得るのがメインとなります。
従って、普通の金融商品は大きく儲けるチャンスがある代わりに値下がりして大きな損になる事があります。
対して不動産投資は、借りてくれる人がお金を払ってくれるので毎月一定の収入があります。
ただし税金については両者は異なっていて、例えば株式で得た所得は分離課税が可能ですが不動産所得は給与所得などを合算しなければならないので、税制上は不利です。

一般的に株式などは数万円から10万円あれば投資が可能ですが、例えばアパートなどの場合、1000万円以上するのでかなり資金に余裕がないと難しいです。
大抵は銀行でローンを組んで買うケースが多いです。
中古戸建やワンルームマンションなどは比較的安いので、初心者であればこういうものから買ってノウハウを学んでいくケースが多いです。
またアパートでも、半空物件や全空物件などは安く仕入れられるのでリフォームが上手い人ならば利回りも高いので、おいしい物件になるようです。
最近では不動産市況が回復して、全体的に高い傾向にあるため利回りも下がっています。
従ってある程度目利きがないと、今後景気が悪くなったときに不利になる可能性が高いです。